夜明けの日本 憲法を国民の手にプロジェクト公式サイト

利用規約

『憲法を国民の手に』プロジェクト利用規約

サービスの範囲と定義

『憲法を国民の手に』が運営するウェブサイトには、会員登録なしで閲覧できるオープンコンテンツと、登録後に閲覧、利用が可能になる会員制サイト(無料) があり、これらを総称し『憲法を国民の手に』プロジェクト公式サイト(以下、当サイト)といいます。
このうち会員登録が必要になるのは、ソーシャルネットワーキングサービスを使ったサイト「『憲法を国民の手に』コミュニティ」です。当サイトの利用規約は、会員登録後に閲覧可能になるコミュニティに対して適用するものとします。オープンコンテンツのご利用に関しては、このほかのサイトポリシーで定義します。
当サイトのご利用にあたっては、必ず利用規約をお読みいただき、同意した上でユーザー登録をしてください。同意していただけない場合はサイトをご利用できないことをご了承ください。また、利用に際しては規約を遵守してください。

ユーザー登録について

当サイトをご利用いただくには、ユーザー登録(無料)が必要です。ユーザー登録を開始するには、原則として、登録されているユーザーからの招待メールか、運営事務局からの招待メールが必要になります。招待メールのガイダンスに沿って必要事項の登録が完了すると、運営事務局(以下、運営者)からアカウントが発行されます。

ユーザーの自己責任について

  • ・ユーザーは、自己の責任と判断で作成データの保存等を行ってください。不測のシステム不具合などで、データが保存されない、消失する等のケースが発生しても、サイト運営者は何ら責任を負いません。
  • ・アカウント(ログイン時のメールアドレス)、パスワードは、ユーザーが自己の責任のもとに管理するものとします。管理不十分や、誤った使用法が原因による第三者の不正利用等で、ユーザーに損害が生じても運営者は責任を負いません。
  • ・ユーザーは、当サイト内での情報発信(コミュニティ、日記、メッセージ等の書き込み)を自己責任のもと行ってください。ユーザー間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、運営者は責任を負いません。また、その事象により、運営者及び第三者に損害が及んだ場合は、賠償責任を問われることもあります。

著作権について

  • ・ユーザーが、当サイト上で入力、アップロードした文章や画像等の著作権は、それらを作成した当該ユーザーに帰属します。ただし、それらの情報が、 第三者の著作権や知的財産権等の権利侵害しないことを保証していただきます。また、ユーザーが発信する文章や画像に係る著作権、肖像権などの諸権利は、ユーザーが管理するものとし、運営者側では関知しません。
  • ・運営者が、当サイトの宣伝、利用促進の目的で、ユーザーの事前承諾を得ることなく、他の媒体に掲載するケースがあることをご了承ください。但し、 コンテンツの公開範囲設定などで表現されるユーザーの意思は尊重いたします。

禁止行為について

  • ・当サイトのご利用にあたり、以下の行為を禁止します。仮に禁止行為が行われた場合、運営者の判断で、事前の告知なしに該当の箇所を削除することが あります。また、場合によっては、当サイトの利用禁止措置を講じることもありますので、予めご了承ください。
  • 1. 法令もしくは公序良俗に違反する行為、またそれらを助長する行為
  • 2. ユーザー登録に際し、虚偽の情報を登録しアカウントを得る行為
  • 3. ユーザーアカウント、パスワードを第三者に貸与、譲渡等する行為
  • 4. 故意に当サイトのシステムに負荷をかけたり、システム運用を妨害する行為
  • 5. 第三者や運営者の著作権、知的財産権を侵す行為
  • 6. 第三者のプライバシーや肖像権等を侵す行為
  • 7. 他ユーザーや第三者の名誉、信用を、誹謗中傷、差別等で毀損する行為
  • 8. 詐欺等の犯罪につながる行為
  • 9. 暴力的な言葉や写真等、他のユーザーが不快に感じるコンテンツを掲載する行為
  • 10. 露骨で猥褻な性表現を含む画像や文書を掲載する行為
  • 11. 虚偽の情報を掲載する行為
  • 12. 他ユーザーの個人情報を収集したり蓄積したりする行為
  • 13. 自身の営利を目的に情報を掲載する行為(運営者が認める場合を除く)
  • 14. 選挙運動、またはこれに類する行為
  • 15. 広告宣伝を目的として、他ユーザーにメッセージ(メール)を送信する行為。また、他ユーザーが不快に感じるメッセージを送信する行為
  • 16. 複数のユーザーアカウントを取得する行為
  • 17. 1つのユーザーアカウントを複数人で共有する行為(運営者が認める場合を除く)
  • 18. 1人もひびともがいない状態で利用する行為
  • 19. 上記項目を助長する行為
  • 20. その他、運営者が、合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

サービスの中断

運営者は、特段の事情により必要と判断した場合、ユーザーへの事前通告、承諾を得ることなく、当サイトのサービスを中断することがあります。特段の事情とは以下の場合です。

  • ・当サイトのサービス向上のために保守作業(定期的及び緊急時)が必要な場合
  • ・天変地異や、火災、騒乱などの発生で、当サイトのサービス継続が困難な場合

サービスの変更、中止

運営者は、ユーザーへの事前連絡なしに、当サイトのサービスを、変更、中止できるものとします。サービス中止の場合は、その1ヶ月前までに、当サイト内に告知を出す等の対策をとり周知を図ります。これをもって、運営者はユーザーに対するいかなる責務も追わないものとします。ユーザーはサービスの利用にあたり、これを了承していただく必要があります。

規約の変更

運営者は、ユーザーへの事前連絡なしに、この規約を変更できるものとします。規約変更した場合、当サイト上に表示した時点から効力を発するものとします。

免責事項

  • ・運営者は、ユーザー同士の関係には関与しません。万一、トラブルが発生した場合には、当事者間で解決するものとし、運営者はその責任を負わないこととします。
  • ・当サイトを利用する上で生じた不利益、利用できなかったことで生じる不利益など一切の損害について、運営者が責任を負わないこととします。

管轄裁判所及び準拠法

この規約の履行、解釈には、日本国法が適用されるものとします。仮に、ユーザーと運営者の間で訴訟の必要が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

協議

この規約に定められていない事項が発生した場合、解釈に関する疑義が生じた場合、ユーザーと運営者は誠意をもって協議し、解決に努めるものとします。

ページトップへ

これまでの経緯

さまざまな改正案

現在の問題

プロジェクトについて