夜明けの日本 憲法を国民の手にプロジェクト公式サイト

さまざまな改正案

自民党新憲法草案

自民党は結党50周年(2005年11月)を機に、結党以来の党是である「自主憲法制定」を具体化すべく、党を挙げて「新憲法草案」を作成し、広く国民の皆様に発表しました。
下記PDFをダウンロードの上、全文をご参照ください。

この草案における主な特徴は、翻訳調の現行前文を全面的に書き直し、国民主権・平和主義・基本的人権の尊重という原則を明記したこと。第9条の「戦争放棄」は維持しつつも、自国の防衛と国際的な平和と安全の確保を目的とした「自衛軍」の保持を明記したこと。また個人情報の保護や環境権など国民の新しい権利の設定にもふみこんだことなどです。
2009年秋からは、より自民党らしい草案にすべく、見直し作業を続けております。2010年中には改訂版が発表される可能性があります。

皆様の積極的なご参加を心から期待しております。

  • 議論に参加したい方コミュニティーにご登録後、ご参加ください
  • お問い合わせこちらのフォームをご利用ください

ページトップへ

これまでの経緯

さまざまな改正案

現在の問題

プロジェクトについて